201704« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201706
サポートブック


発達障害児のための
サポートブックひな形
2010年より販売を終了
いたしました。
長らくのご愛好
ありがとうございました。


楽しい話いろいろ。
更新したよ♪
コメントありがとう
トラックバック
月別記事
興味深々。











管理人のその他のブログや情報ページ


発達障害児のためのサポートブック情報

サポートブックの情報の他、支援ツールや本、TV番組の情報もあります。

はじめの一歩
はるっぺママの地域の情報ブログです。

USJバリアフリーリポート
はるっぺママが実際に体験したリポートです。



 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:--
スポンサー広告│comments(-)│trackbacks(-)
 韓国映画 「マラソン」
昨日、映画の試写会に行ってきました。
韓国映画「マラソン」です。

韓国で500万人を号泣させ、ハッピーにさせた映画。
105.jpg


すでにご存知の方も多いと思いますが、この映画は自閉症の青年が主人公の映画です。
主人公のチョウォンは走ることが大好きで、マラソンで"サブスリー(42.195kmを3時間以内で走る)"になるのが目標です。

すでに日本公開前から前評判が高く、実際主役のチョ・スンウ君の演技はすばらしい!

映画の紹介およびあらすじはマラソン日本公式サイトをごらんになって下さい。

自閉症のドラマや映画は数々あれど、どれもキレイごと過ぎたり、自閉症の特徴を奇をてらった演出で表現してたりして、エンターテイメントしては楽しめるものの現実には程遠い内容だったようにもいます。

しかしこの映画は自閉症者を取り巻く環境、周りの人々の光と影が現実に近い形として描かれています。
チョウォンもワタシも良く目にする"愛すべき自閉症者"という感じで。

ともかくすばらしい映画でした。
以下、ワタシの感想およびネタバレあり!
実はワタシの友人に熱狂的スンウ君ファンがおりまして(笑)
この人の存在はずいぶん前から知っていました。
演技がすごくいいんです。どの映画も同じ人が演じてるとは思えないくらい!

今回の『マラソン』もずいぶん前から韓国公式サイトで予告ムービーを見たり、あらすじを友人に教えてもらったり。
予告ムービーは字幕もない韓国語だけど、意味が分からなくても泣けてくるほど…
スンウ君の自閉症の演技はとてもリアルで自閉症者にしか見えません!
発達障害児のママ友、3人で見に行ったのですが、一番泣いていたのは私たち3人組だったのは間違いありません。
肩を震わして泣きました(笑)
映画を見終わってスタンディングオベーションしたかったくらいです。
さすがに恥ずかしいので控えめに拍手しときました。
(それもワタシだけ。誰も拍手しない…日本の映画館ってツマンナイ)

リアルなだけに切ない場面もあります。
かなりはるっぺのこととオーバーラップする場面もありました。

嫌なことがあり、混乱してパニックになりかけると大好きなシマウマの話をしだす。同じ話を何度も…
はるっぺも"リストにゃんこ"や"プリキュア"の話をしだすもんなぁ~
チョウォンの母親が入院するところはワタシも2年前に入院経験があるだけに色々思い出してしまいました。
母親が弱気になるところなんかそっくりです。

自閉症に近いところにいるだけに、当事者だから笑える場面もいっぱいありました。

スーパーで商品を並び替えるシーンや、買おうと思ってたモノが最後の1個で他のお客さんに持ってかれそうになったとき。
『…あなたをふんわりやさしく包んでくれます…』とCMのフレーズを突然言い出す。お客さんはもちろん呆気に取られてます(笑)
他にもスパーのレジで店員さんに『ここにサインを書いて下さい』といわれ"サイン"と書いてしまったり(爆)

特におかしかったのはマラソンのコーチとのやり取りでした。
コーチが持ってきたペットボトルの水がなくなって、『おいちょっと水くれよ』コーチがチョウォンにいうのですが、チョウォンは知らん顔。悠々と自分の水を飲んでます。マイペースです(笑)
大好きなスモモも、もちろんあげません。

コーチはそれに対抗してチョウォンの好きなジャージャー麺をこれ見よがしに食べる。
チョウォンがそれをよだれを流さんばかりにして見てるのが笑えました。

あるとき、コーチがチョウォンが夢中でトラックを走ってる時に勝手にスモモを食べてしまうのですが、チョウォンはその野性的勘で寝たふりをしてるコーチの口元のにおいをクンクン嗅いだり。
(でもコーチが盗ったって事は分からなかったみたい)
それでチョウォンは大事なスモモがなくなってはカナワナイ!と思ったのか、走る時もスモモの入ったかばんを持って走ってしまいます。この場面が最高におかしい!
コーチがあまり気を使わずチョウォンに接してるのですが(いっそ冷たいくらいです。はじめは自閉症をぜんぜん理解してない人ですから)かえってそこが良かったです。
すごく自然でした。

泣ける場面をもっとここでご紹介したいのだけど、なんだかうまくまとめられません。
一番泣けたのはチョウォンがフルマラソンに初めて出場する時。
練習不足が心配で出場を止める母親の手を、自ら離す。
この辺のいきさつは実際映画館で見てもらったほうがいいでしょうね。

ぜひぜひ映画館で観てほしい映画です。

泣けて、笑えて、あったかい。

日本にも『マラソン』の感動の嵐が吹き荒れること間違いなしです!
スマイル!!!!
スポンサーサイト
2005/06/15(Wed)09:30
自閉症comments(8)trackbacks(4)
<<参観&カラオケ │ HOME │ 海に行きました。>>
熱狂的スンウ君ファンです!(笑)
この映画のすばらしさをわかってもらうには、実際に観てもらうしかないですよね~!
笑いあり、涙あり、最後には涙を流しながら微笑んでしまう素敵な映画です!
たくさんの人に観てもらいたいですね。

私は毎晩OSTを聞きながら、「マラソン」に浸りながら寝入っていま~す!
今回の記事で教えてもらった公式サイトへ行ってみたよ。
いやっほう☆うちの近くの映画館でも上映だ!オフ友たち誘って、絶対観に行くね!いい映画情報ありがとう!
2005/06/15 14:49 │ ちび丸まま URL #7Lj/sq.E[ 編集]
\(^o^)/こんばんは!
私も、すごく気になっていた映画です。観るつもりではいたけど、この日記で絶対観よう!と思ったよ。
2005/06/15 19:22 │ 花梨 URL #Drwmi3xI[ 編集]
ホント素晴らしい映画だよねー
障害児がいるって・・
辛いだけじゃなくって、たくさんの“笑い”があるんだよね~。
『マラソン』はそういう所をきちんと描いてくれてて、本当に嬉しい!
私も来週もう一回観にいってきまーす(笑)
2005/06/15 21:41 │ keropaki URL #-[ 編集]
ゆーふさんへ
本当に最高!
こういう映画って他にないですよね。
公式サイトでも『いい映画なのに宣伝が地味だ』と
指摘してらっしゃる方がいましたよ!
ワタシ達がもっと代わりに宣伝しよう☆
2005/06/16 07:15 │ はるっぺママ URL #6gk7F2tg[ 編集]
ちび丸ままへ
ぜひ観てきて!ちび丸まま!
感動すること間違いなし。
保障します(笑)
自閉症も悪くないって思えるような映画だよ♪
2005/06/16 07:17 │ はるっぺママ URL #6gk7F2tg[ 編集]
花梨さんへ
おお!さすが花梨さん、チェックしてましたね?
絶対、絶対、観て損はさせません!
(だんだんワタシ、配給会社のまわしモンになってきたな)
2005/06/16 07:20 │ はるっぺママ URL #6gk7F2tg[ 編集]
keropaki さんへ
そうそう、本当はそうなんだよね。
笑いにあふれてるんだよね。
もちろん辛いこともあるんだけど…
また来週行くの?!
す・すごい~
今度はゆうちゃんのエピソードにトリップしないで
しっかり細かいとこまで観てきてください(笑)
2005/06/16 07:23 │ はるっぺママ URL #6gk7F2tg[ 編集]
  管理者にだけ表示を許可する

http://haruppe.blog5.fc2.com/tb.php/94-95cdde52
トラックバック
 
韓国ドラマ │ 2005/06/20 08:47
トラックバック
映画感想「マラソン」【評価】★★★【感動】★★★★【笑い】★★【エロ】「マラソン」の試写会が当たったので、行ってきました。これは韓国映画です。韓国映画というと、「シュリ」を見たことあるなー、という感じ。あまりなじみがないです。最近は「冬
三匹の迷える羊たち │ 2005/06/22 11:20
トラックバック
ファボーレ東宝で行われた7月2日から公開の韓国映画『マラソン』の試写会にいってきました。本編が始まる前には『四月の雪』『私の頭の中の消しゴム』の予告編が流され、劇場のエントランスではプラズマテレビで『8月のクリスマス』リメイク日本版の予告編が流れておりま
xina-shinのぷちシネマレビュー? │ 2005/07/03 13:04
トラックバック
7月3日(日)TOHOシネマズ木曽川にてもしも、自分の子供の知能が5歳で止まってしまい、そのあとその子が何歳になろうと、ずーっと5歳の子供を育てるように接しなければいけないとしたら…。母親は、放っておけばどこに行ってしまうか分からないその子の手を離すことが
桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 │ 2005/07/08 08:11
 │ HOME │ 






フルーツショッピング「ベストセレクション」




ワタシはこんな人

はるっぺママ






みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ











おすすめブログ
お世話になってます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。