201708« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201710
サポートブック


発達障害児のための
サポートブックひな形
2010年より販売を終了
いたしました。
長らくのご愛好
ありがとうございました。


楽しい話いろいろ。
更新したよ♪
コメントありがとう
トラックバック
月別記事
興味深々。











管理人のその他のブログや情報ページ


発達障害児のためのサポートブック情報

サポートブックの情報の他、支援ツールや本、TV番組の情報もあります。

はじめの一歩
はるっぺママの地域の情報ブログです。

USJバリアフリーリポート
はるっぺママが実際に体験したリポートです。



 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:--
スポンサー広告│comments(-)│trackbacks(-)
 リニューアル予定のお知らせ&近況報告
ここのところ、ホントに更新が出来なくてすみません~

実は今、本館をリニューアルしようと準備中なのです。


我が家はみんな元気です!
はるっぺも、学校でいろいろとあるものの、楽しく通っています。

いろいろあるというのは。。。

養護学校の先生があまりにも生徒達を『障害児』として見ていることに、少しガッカリしているのです。

例えば、多動で衝動性のある生徒に対して、始めからこれを本人の意思でコントロールできる事を諦めているようです。
その生徒に対して気持ちを受け止めてあげずに制止するだけ。
これでは、その子も暴れたくもなるし、蹴りたくもなります。

実はその行為の対象になったのは、はるっぺでした。

クラスに7人中女子がひとりということと、はるっぺが『世話焼き』で、すぐその子に注意をするということで、そうなってしまったみたいです(汗)

ワタシはその子とはるっぺが多少ぶつかり合うのは大歓迎です。
小学校時代は地域ということもあり、はるっぺをいじめたりはしないもの、あまり積極的に関わってこようとするお友達も少なかったのです。

このことは、はるっぺの自立にも繋がるし、相手のお子さんにとっても自立につながると考えたのですが。

担任の先生ははるっぺとその子の机を離す、という方法をとりました。

いいかげんはるっぺもイヤになってきていたみたいなので、結果的にはこれでよかったのだと思うのですが。。。
少し残念なような気もします。

お互いどんな方法で接すれば気持ちよく過ごせるのか、はるっぺとその子が二人で見つけてくれるといいなぁと思っていたからです。

まぁ、こんな感じでいろいろとワタシの中では渦巻く思いがあるのですが、当のはるっぺはと~~~~~~っても楽しんで学校に通っています!
これが一番ですよね!
スポンサーサイト
2007/04/20(Fri)09:15
ライフcomments(5)trackbacks(0)
<<ごあいさつ │ HOME │ ★入学式★>>
はじめまして^^

突然のコメント失礼いたします。

私の子育てサイトで、
こちらの記事を紹介させていただきましたので
ご連絡させていただきました。

該当記事は
http://satobeejp2000.blog101.fc2.com/blog-entry-3.html

これからもよろしくお願いいたします^^
2007/04/20 09:41 │ ともべえママ URL #-[ 編集]
解決は子供同士で。
今の先生って、なんか問題起きるといやっていう人がいますよね。息子の1年生の時の担任がそうでした。クラスの子に、息子とあまり関わらせないようにしていたみたいです。「後がこわいよ。」って言って。子供のことは、子供同士で解決策を探すのが1番いいと私も思います。あんまり『障害』だからと見られることにも抵抗ありますよね。思うようにはいきませんね。(^_^;) はるっぺちゃんが、楽しんで学校にいってくれてることが親としてはうれしいことですよね。(^o^)
2007/04/20 15:15 │ ママクレヨン URL #-[ 編集]
>ともべえママさん

はじめまして!お越しくださってありがとうございます。
この記事の解釈の仕方は人それぞれだと思いますが、これは『いじめ』ではありません。

はるっぺも、相手の子が嫌がるキツイ言葉で注意をしているし、お互い様の出来事なのです。

ともべえママさんの意見もぜひ聞かせてください。


>ママクレヨンさん

おっしゃるように、ワタシも『障害があるから』とみられるのは少し違う気がしています。
しかし、子供同士で解決策を見つけるのは正直難しいところもありますよね。
すべての子供が自分の思いをうまく相手に伝えられるとは限らないからです。

ワタシが思うのはやはり、大人(先生)がうまく代弁者となって、間に入ることも必要でしょう。
今回はその入り方がワタシにとってちょっと違うかな、と思ったのです。

ワタシは学校内のトラブル、大歓迎!なのです。相手の子が嫌がること、自分の思いを伝える事、トラブルを通して学んでいけると思うのです。
2007/04/22 09:32 │ はるっぺママ URL #6gk7F2tg[ 編集]
楽しそうだね。問題を解決する力も大切だね。
2007/04/29 08:11 │ みゆきちゃん URL #-[ 編集]
そうなんです。『問題を解決する力』ここが重要だと思います。
先生方が分かってくださるといいのだけど。
2007/04/30 08:17 │ はるっぺママ URL #6gk7F2tg[ 編集]
  管理者にだけ表示を許可する

http://haruppe.blog5.fc2.com/tb.php/354-25b90c52
 │ HOME │ 






フルーツショッピング「ベストセレクション」




ワタシはこんな人

はるっぺママ






みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ











おすすめブログ
お世話になってます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。