201705« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201707
サポートブック


発達障害児のための
サポートブックひな形
2010年より販売を終了
いたしました。
長らくのご愛好
ありがとうございました。


楽しい話いろいろ。
更新したよ♪
コメントありがとう
トラックバック
月別記事
興味深々。











管理人のその他のブログや情報ページ


発達障害児のためのサポートブック情報

サポートブックの情報の他、支援ツールや本、TV番組の情報もあります。

はじめの一歩
はるっぺママの地域の情報ブログです。

USJバリアフリーリポート
はるっぺママが実際に体験したリポートです。



 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:--
スポンサー広告│comments(-)│trackbacks(-)
 我が家のロールプレイング
発達障害児の療育に『ロールプレイング』というものがあります。

ワタシ自身、特に勉強したわけでもないのですが、はるっぺには事あるごとに、この方法で状況説明や疑似体験を教えています。

特に先日の運動会ではこの方法が役に立ちました。
運動会の組体操の練習時、他人との接触に抵抗があるはるっぺは、組体操でお友達と体を密着させたり、手を繋ぐのがとても不快だったようです。

実際の組体操の練習の時、お友達の手を振り解いたりして『もう!私に触らないでよ!』と、暴言を吐いていたようです。

そのことを、はるっぺ本人から聞いたワタシは、ロールプレイングを実行しました。


まず大事なのは、はるっぺが友達と手を繋ぐ事に抵抗があること事態には否定はしません。気持ちを受け止めてあげます。

『はるっぺが手を繋ぐのがイヤなのは分かるよ。嫌な気持ちになるんやな?』
『うん、もうイヤやねん!ぎゅうって強く握ってくるねん!』


どうやら、手を繋ぐ強さも不快なようです。

『でも、組体操で手繋ぐのは、キレイに形を作るためやんな?それは分かるやろ?』
『うん。。。分かる。でもイヤやねん!』
『うんうん、イヤやねんな。お母さん、はるっぺの気持ち分かるよ』
と、肯定的に捕らえてあげます。


次に、ロールプレイング開始です。

『はるっぺがお友達の手を離すとき、キツイ言葉でしてるんやろ?これはお友達が嫌な気持ちになるよ』
と、言って、はるっぺの手をとり、実際にワタシがはるっぺの手を
『もう離してよ!』

と言いながら少々乱暴に離します。

はるっぺの気持ちを聞きます。
『今、お母さんにキツクされてどう思った?』
『イヤな気持ち。。。悲しい気持ち。。。』
『そうやな。きっとお友達もそう思ってるはずやで』


次は、はるっぺに、どうしても手を離してほしい時、どんな風に離すと相手を傷つけないですむか、ロールプレイします。

『はるっぺ、どうしても手を離してほしいときは、ゆっくり両手を使って"ごめんね、手を離してくれる?"って言いながら離すんやで』
実際の方法は繋いでる手をもう片方の手でいったん包み込んでから、ゆっくり離す、というものです。(この書き方で分かるでしょうか/汗)


このロールプレイを運動会の練習中、何度か繰り返しました。
学校の先生方のご協力もあり、以前の記事にも書きましたが、本番では手を離さず、笑顔で組体操に参加できました。

ワタシのやり方は自己流なので(っていうか、はるっぺ仕様なので/笑)どの人にもいい方法とはいえないかもしれませんが。。。

一番肝心な、"相手を傷つけない手の離し方"は、きちんと身についたかどうかは分かりませんが、こうして繰り返していくうちにきっと分かってくれると信じてロールプレイを試しています。
スポンサーサイト
2006/12/11(Mon)19:53
自閉症comments(0)trackbacks(0)
<<かけ足記録会 │ HOME │ Happy 10th!>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://haruppe.blog5.fc2.com/tb.php/337-2e6f9f8a
 │ HOME │ 






フルーツショッピング「ベストセレクション」




ワタシはこんな人

はるっぺママ






みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ











おすすめブログ
お世話になってます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。