201707« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201709
サポートブック


発達障害児のための
サポートブックひな形
2010年より販売を終了
いたしました。
長らくのご愛好
ありがとうございました。


楽しい話いろいろ。
更新したよ♪
コメントありがとう
トラックバック
月別記事
興味深々。











管理人のその他のブログや情報ページ


発達障害児のためのサポートブック情報

サポートブックの情報の他、支援ツールや本、TV番組の情報もあります。

はじめの一歩
はるっぺママの地域の情報ブログです。

USJバリアフリーリポート
はるっぺママが実際に体験したリポートです。



 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:--
スポンサー広告│comments(-)│trackbacks(-)
 2学期のはるっぺ
今月に入り、ワタシの病気の話題ばかりですみません(汗)
今は検査の結果待ちなので、本来の子供たちの話題を書きますね。

2学期に入り、元気に学校に通っているはるっぺ&コウちゃん。
2人の近況はというと・・・


2学期のはるっぺ。
先日、特殊級の先生が2学期の目標についてお電話を下さいました。
はるっぺの学校では、特級に通う生徒は学期ごとに指導計画が作られます。
そのため、学期始めには懇談をすることになってるのですが、今回はワタシが病気のため、電話での懇談となりました。
まず、2学期にはいってからのはるっぺの様子。
なかなか好調なスタートを切れたようで、パニックもなく穏やかに過ごしています。
特級の先生が、はるっぺのコンディションにいつも気を配ってくださり、時々『ガス抜き』して下さっているようなんです。

ガス抜きの内容は、毎日ある宿題ですが、ない日を作ってくれたり、たっぷりお話を聞いてくれたり・・・

そして2学期の目標は1学期に引き続き、『助けてほしい時は自分で助けてほしいと言えるようになる』というものです。

これは1学期から特級の先生が、意図的にはるっぺが助けを求められるように配慮してくださっています。
そのおかげで、だいぶ自分で言えるようになってきました。

これができるようになるというのは、はるっぺにとってとても重要なことだと思っています。
自分で助けを求められるようになると、混乱やパニックを起こさずに済むようになるからです。

決してパニックを起こすこと自体が悪いわけではなく、ワタシが心配なのは、パニックを起こさなくてはいけないくらい困った状況になることなのです。

はるっぺが自分で『しんどいな、助けてほしいな』と思ったときに適切に助けを求められると、そうはならずに済みますからね。

実際、今は運動会の練習の真っ最中なのですが、例年この時期とても不安定になります。
しかし今年は、練習に不安のあるときは介助員の方に自分で『今日は一緒にいて下さい』と言いにいけるようになりました。

介助員の方は本当に見ているだけなのですが、『見守ってくれている』ことがはるっぺに安心感を与えているようです。
精神面が重要なはるっぺにとって、これはとても大事なことです。

はるっぺは本当に成長しました。
少しずつですが確実に。
スポンサーサイト
2005/09/16(Fri)21:46
はるっぺの話comments(0)trackbacks(0)
<<2学期のコウちゃん │ HOME │ ワタシの肝ちゃん Part7>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://haruppe.blog5.fc2.com/tb.php/172-7b74cf41
 │ HOME │ 






フルーツショッピング「ベストセレクション」




ワタシはこんな人

はるっぺママ






みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ











おすすめブログ
お世話になってます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。