201705« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»201707
サポートブック


発達障害児のための
サポートブックひな形
2010年より販売を終了
いたしました。
長らくのご愛好
ありがとうございました。


楽しい話いろいろ。
更新したよ♪
コメントありがとう
トラックバック
月別記事
興味深々。











管理人のその他のブログや情報ページ


発達障害児のためのサポートブック情報

サポートブックの情報の他、支援ツールや本、TV番組の情報もあります。

はじめの一歩
はるっぺママの地域の情報ブログです。

USJバリアフリーリポート
はるっぺママが実際に体験したリポートです。



 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:--
スポンサー広告│comments(-)│trackbacks(-)
 ワタシの肝ちゃん Part4
夕方、あわてて帰ってきたパパと病院へ。
洗面して着替えて・・・これだけの作業がだるくてだるくてなかなかすすまない。
熱もたいしたことないのに体のだるさが目立ってました。

病院は幸い混んでなくて診察、血液検査と順調に進む。
診察の時、『肝炎が気になる』と言うワタシに医師は触診で『肝臓も腫れてないし、違うと思うよ』と軽く一言。
なぁんだ、ワタシの取り越し苦労だったの?
ワタシは血管が細いらしく、採血が痛い!!刺した痕が痣になります。

さっきの医師の『肝炎じゃないと思う』の一言でだいぶ気が楽になったワタシ。
検査の結果を待ちながらパパに
『いつもの病院でよかったかもね。ごめんよ~』と言うと、『まぁ、たまにはきちんと診てもらうのもいいよ』と言ってくれた。

検査の結果がでる。
診察に意気揚々と入ってきたワタシをみて医師が一言。
『あなたの予感は当たっていたみたいだね』

はい?どういうことですか?
『急性肝炎だねぇ』
うそでしょ~?さっきあんた、違うって言うたやん!!

『かなり数値が高いよ。ほら、こことここ』
GOT(正常値5~40)、GPT(3~35)という肝臓の機能をあらわす数値。正常な数値の40倍だった。
『入院だね』と医師の無情な一言。

だ、だめ、ダメですよそれは!
ワタシは入院を繰り返す医師に、はるっぺのことなど家の事情を話した。とにかく2学期が始まったばかりで、いろいろと環境が変わるのはよろしくない。

医師はだいぶ迷っていたけども、明日もう一度詳しい検査(腹部エコー、採血など)をすることにして、とりあえず家に帰してもらうとことに。

『絶対安静にしてること。点滴して帰ってね』

また、腕に針が刺さるのか・・・(苦)
でも帰してもらえるんなら我慢だ我慢。

なぜかめちゃ早く落とされた点滴にちょっとボーっとしながら、明日数値が下がってますようにと祈るワタシ・・・


Part5へ つづく。
スポンサーサイト
2005/09/13(Tue)08:52
自己免疫性肝炎comments(0)trackbacks(0)
<<ワタシの肝ちゃん Part5 │ HOME │ ワタシの肝ちゃん Part3>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://haruppe.blog5.fc2.com/tb.php/167-c398eb0a
 │ HOME │ 






フルーツショッピング「ベストセレクション」




ワタシはこんな人

はるっぺママ






みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ











おすすめブログ
お世話になってます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。