201709« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201711
サポートブック


発達障害児のための
サポートブックひな形
2010年より販売を終了
いたしました。
長らくのご愛好
ありがとうございました。


楽しい話いろいろ。
更新したよ♪
コメントありがとう
トラックバック
月別記事
興味深々。











管理人のその他のブログや情報ページ


発達障害児のためのサポートブック情報

サポートブックの情報の他、支援ツールや本、TV番組の情報もあります。

はじめの一歩
はるっぺママの地域の情報ブログです。

USJバリアフリーリポート
はるっぺママが実際に体験したリポートです。



 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:--
スポンサー広告│comments(-)│trackbacks(-)
 20年目の真実
さきほど、20年前に起こったジャンボ機墜落事故の番組を見ました。
TBSの番組です。

これってワタシが15歳の時に起こった事故で…
もっといろんなことを思いだしてもいいはずなのに、ほとんど記憶に残っていませんでした。
覚えていたのは助かった川上慶子さんのことくらいでしょうか。
当時12歳の彼女と自分の年が近かったからかもしれません。

5年前にヴォイスレコーダーが公開された当時のことも、聴いた記憶はあるのですがあまり覚えていません。


そして、今日改めてヴォイスレコーダーを聞きました。
いろんなことを考えながら聞きました。
機長をはじめコックピットの人達の最後まで頑張っていた声を聞くと、20年たっても忘れちゃいけない真実がここにあると思いました。

今日の番組の『真実』というのはワタシにとって、事故の原因というよりも、この事故の関係者や遺族の方の状況でした。

機長の遺族の方のもとに寄せられた非難。
いたずら電話や、直接罵声を浴びせられたことも何度も何度もあったでしょう。
この行為がよいか悪いかは別として、非難したほうの遺族の方の気持ちはどういうものだったでしょうか。
怒りをどこかにぶつけたい。でも、責任がはっきりしない以上、どこにぶつけていいのか分からず、機長の遺族の方に・・・ということだったのかもしれません。
そうしないと精神状態が保てなかったということも考えられます。

しかし、5年前にヴォイスレコーダーが公開されたとき、これを聞いた遺族、とりわけ非難を浴びせてしまった遺族の方は、どういう思いだったのでしょうか。

『あんなこと、言わなければ良かった』と思ったでしょうか。それとも新たな怒りがこみ上げたでしょうか。
聞かなければよかった・・・そんな風に思った人もいたでしょうか。

それにもっと早く公開されていれば、ここまで苦しまずにすんだ方もおられたのでは・・・

部外者のワタシがあれこれ思ったところでどうにもならないの分かっていますが、情報というものは与えられる側にとって、いろんな意味を持つものだと思います。

ヴォイスレコーダーを聞いてよかった人。
聞きたくなかった人。


情報は必ずしもいい結果を生むとは限りません。

ワタシ達は情報を得た後のことをもっと考えたり、気を配ったりしなければいけないのかもしれません。


最後に、この事故でなくなった方のご冥福を改めてお祈り申し上げます。
スポンサーサイト
2005/08/12(Fri)21:30
メディアcomments(0)trackbacks(0)
<<盆踊りに行きました。 │ HOME │ ダウン&プール(汗)>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://haruppe.blog5.fc2.com/tb.php/142-0c46ed2b
 │ HOME │ 






フルーツショッピング「ベストセレクション」




ワタシはこんな人

はるっぺママ






みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ











おすすめブログ
お世話になってます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。