201707« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201709
サポートブック


発達障害児のための
サポートブックひな形
2010年より販売を終了
いたしました。
長らくのご愛好
ありがとうございました。


楽しい話いろいろ。
更新したよ♪
コメントありがとう
トラックバック
月別記事
興味深々。











管理人のその他のブログや情報ページ


発達障害児のためのサポートブック情報

サポートブックの情報の他、支援ツールや本、TV番組の情報もあります。

はじめの一歩
はるっぺママの地域の情報ブログです。

USJバリアフリーリポート
はるっぺママが実際に体験したリポートです。



 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:--
スポンサー広告│comments(-)│trackbacks(-)
 絶対譲りません!
今日は子供たちの登校日。
昨日はるっぺが行きたくないと言っていたけど、今朝はケロッとして行きました(笑)
結局、学校は大好きなようです。

午後からはいつもの市民プールへ。
今日はコウちゃんがお友達のところへプール遊びに行くといっていたので、はるっぺとワタシだけで行くことになりました。

しかし、万が一コウちゃんがお友達にすっぽかされたときのために100円持たせ、お友達と会えなかったら、市民プールに来るように言っておきました。

ワタシとはるっぺが泳ぎだして30分くらいたつと、なんとコウちゃんがやってきました!
やはりすっぽかされたようです。
相手の子はこういうことがよくある困った子なのです・・・
家に行っても誰もいなかったようなのです。しばらく家のまえで待ってたようですが、諦めてプールに来たといってました。

しか~し!コウちゃんにレッドカード!
コウちゃんは顔見知りの6年生とはるっぺと3人で市民プールで遊びだしたんだけど、プールの遊泳禁止時間に(1時間おきに安全確認のため休憩がある)ザブザブと泳いでいたのです!
ワタシはこれはいかん!思い、コウちゃんに『前も言ったのに!入ったらあかんやろ!』と怒ると、『だってこの子が入ろうって言うから・・・』と、6年生のせいにした。
それでさらに頭にきたワタシは
『もう今日は泳いだらあかん!着替えなさい!』と言って、プールから引きずり出しました。

たった30分しか泳いでなかったけど、どうしても許せなかったんです。
実は先週きたときも同じことがあり、その時も注意して『今度は絶対ルールを守る』と約束したばかり。

さらに自分の過ちを他人のせいにするというのが、ワタシには絶対譲れないラインだったのです。

話は違いますが、最近『荒れてる学校』とか『学級崩壊』が問題になっていませんか?
あれっていろんな要素があると思うのですが、原因の一つに『他人がやっていたら(例えそれが間違っていても)自分もやってもいい』と言う考え方が根底にあるからだと思うのです。

"赤信号、みんなで渡れば怖くない"のひどいヤツです。

たとえ他人がしている行為でも自分がしたくなかったらしない。
自分が間違ってると思ったらしない。
そういう強い意志や自律心が、幼いうちから培われていないと、間違った方向にいきそうで怖いのです。

ですから、大抵のことにはコウちゃんに甘いワタシですが、今日のことは絶対許せなかったんです。

コウちゃんはしばらく泣きながら粘っていましたが、ワタシがどうあっても動かないという態度をみせたので、諦めて着替えていました。

着替えてからはいろいろとお話しました。
泣きながらもコウちゃんは、自分が悪かったことを分かってくれたようです。
一緒にMP3を聞きながら、はるっぺの泳ぐのを30分近く眺めました。
(3時半に帰ると言ってあるので、変更はきかない/笑)

この記事を読んで『はるっぺママって鬼のようだわ!』と思った方もいらっしゃるかも知れませんが、これがワタシの子育てです。

プールサイドでコウちゃんとバトルを繰り広げたので、思いっきり注目浴びちゃいましたけどね(笑)
スポンサーサイト
2005/08/09(Tue)22:09
コウちゃんの話comments(6)trackbacks(0)
<<ダウン&プール(汗) │ HOME │ マフィンでサンド!>>
赤信号
の話、ドキっとさせられちゃった(^^;)
『他人がやっていたら自分もやってもいい』ってつい考えがちだよね。
自閉の子の場合、そういう考えになることは少ないかもしれないから、コウちゃんとはるっぺちゃんへの対応は微妙に違ってくるのかな?
絶対譲れないことは毅然とした態度で臨んで、普段は一緒にランチを作ったりして楽しんでるし、メリハリのある子育てをしてるなーって思うよ
少し前に、河合隼雄さんが「家族のあり方」について書かれていた事を思い出しました。
父親・母親は、権威を持っていなけれ
ばならないのに、「私は子どもと一緒にやってます」などと言ってるから上手くいかないのだと。親と子どもは絶対に一緒ではないのだから。
ただ、権力とは独裁権力ではなく、「自分はこういう人生観をもって生きているんだ」というのを持っている事。絶対これだけは崩さないというものを持っている人は、自然と威厳を感じるものだと、書かれてありました。
はるっぺママのこれだけは絶対譲らない!という子育てが、きっと将来、自分で物事を考え判断する力に繋がっていくんじゃないかな?って思いました。
2005/08/10 10:10 │ keropaki URL #-[ 編集]
参考になります
親の姿、子供はちゃんと見てますよね。
はるっぺママの毅然とした態度は、
コウちゃんにも伝わるし、
はるっぺにも伝わっていいんじゃないでしょうか?
だめなものはだめ。
ここはほんと譲れませんよね。
私も子供に見られて恥ずかしくない親になれるよう、がんばろう。
ここにくるといつも、自分を反省しています(>_<)
2005/08/11 06:53 │ かぁか URL #jhC0J7jE[ 編集]
まるみちゃんへ
赤信号の話。
実はワタシが経験してるからなんだよね(汗)
学生時代、友達に合わせて嫌なのに無理やりやってたりとか。
そういうのって後で絶対後悔してたから、コウちゃんにも分かってほしくってね。(自分で選びとってやったことは結果が悪くても反省はするけど、後悔しない)
確かにはるっぺはコウちゃんとは違うなぁ。
完全に『わが道を行く』だもん(笑)
そのかわり、いいこと悪いことを一度覚えると、絶対にしないもんね。
言い聞かせる回数が違うだけで、対応の差はそんなに違わないよ。
2005/08/11 13:27 │ はるっぺママ URL #6gk7F2tg[ 編集]
keropaki さんへ
『家族のあり方』
その話、聞いたことあるような気がします。
河合さんの話はよく分かりますね。
よく『友達親子』とか言う言葉も聞きますが、やはり親って言うのは何事にもおいて、子供にとっては一番身近な『人生の先輩』だと思うんです。
自分の経験談を話したり、意見を言ったりして、子供に正しい道を知らせてあげたいと思います。
子供にはその道を無理に進むのじゃなく、本当に正しいと理解して進んでほしい…(ちょっと贅沢で難しいことですかね?)
コウちゃん&はるっぺが、分かってくれるまで何年もかかるだろうけど、頑張って教えていきたいです。
2005/08/11 13:36 │ はるっぺママ URL #6gk7F2tg[ 編集]
かぁかさんへ
毅然とした態度ってホントはすごく難しいんですよね。
今回のプールの話だと、人の目も気になりますし(笑)
でも、人の目と、コウちゃんの将来を秤にかけたとき、コウちゃんの将来が重いのは当然ですもの!
バシバシ言ってやりましたよ。
ワタシの子育て、皆さんに理解いただけて嬉しいです。
2005/08/11 13:40 │ はるっぺママ URL #6gk7F2tg[ 編集]
  管理者にだけ表示を許可する

http://haruppe.blog5.fc2.com/tb.php/140-ef8b1b32
 │ HOME │ 






フルーツショッピング「ベストセレクション」




ワタシはこんな人

はるっぺママ






みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ











おすすめブログ
お世話になってます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。