201707« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201709
サポートブック


発達障害児のための
サポートブックひな形
2010年より販売を終了
いたしました。
長らくのご愛好
ありがとうございました。


楽しい話いろいろ。
更新したよ♪
コメントありがとう
トラックバック
月別記事
興味深々。











管理人のその他のブログや情報ページ


発達障害児のためのサポートブック情報

サポートブックの情報の他、支援ツールや本、TV番組の情報もあります。

はじめの一歩
はるっぺママの地域の情報ブログです。

USJバリアフリーリポート
はるっぺママが実際に体験したリポートです。



 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:--
スポンサー広告│comments(-)│trackbacks(-)
 韓国映画「マラソン」勝手にキャンペーン 第2弾
韓国映画『マラソン』勝手にキャンペーン!

第2弾の今日はチョウォンの母親の心境について書きたいと思います。

自閉症児を育てる母親の気持ち。
チョウォンの母、キョンスクは、『チョウォンよりも一日だけ長く生きたい』そんな言葉で表わしています。

それはいったいどういう意味が込められているのでしょうか?

(今日もネタバレ注意報発令中!/笑)
まず、この『一日だけ長く生きたい』いう気持ち。
みなさんならどういう意味に捕らえますか?

"チョウォンが心配で仕方がない"
"最後までチョウォンの行く末を見届けたい"
"この子が好きで、片時も離れたくない"
"母親の私にしかこの子の面倒はみられない"

さまざまな想いがあると思います。
ここにあげた全部が複雑に入り混じっているのかもしれません。

実際、映画を観ていてそのことを強く感じる部分もありました。

キョンスクは度重なるチョウォンを取り巻くトラブルに、精神的に参ってしまい、胃に穴が開いて入院してしまう場面があります。

その時、自閉症としては重度であるチョウォンの行く末を想い、マラソンをこのままさせていていいものか、もっと社会に出た時に役立つことを学ばせなければ…

そんな風に考え、チョウォンがマラソンを走るのをやめさせようとします。
自分が今まで良かれと思ってさせてきたことに、自信が持てなくなった瞬間なのかもしれません。

そしてどうあってもチョウォンより長く生きることなどできない現実を思い知らされたのかも。

ワタシははるっぺを育てていて、このキョンスクのような考えはあまり持ったことがありません。
どちらかというと現実主義者なので、「はるっぺにははるっぺの生き方」「ワタシにはワタシの生き方」そして「実際世の中で生きていくのははるっぺ本人」と、割と早い時期からこう思っていました。

だからといって、キョンスクのような考えを持った方の気持ちが分からないわけではなく、共感はできます。

劇中の最後のほうでマラソンにチョウォンを送り出す母、キョンスク。
社会に出て行こうとするチョウォンを『面倒をみる』のではなく『見守る』現実を受け入れたのかもしれません。

エンドロールにも出てきますが韓国で自閉症が障害と認められたのは1999年だそうです。
ここにも発達障害者に厳しい環境がつきつけられています。

ワタシ達、発達障害者の家族が安心して本人を『見守る』体制に入れるのはいつになるのでしょうか。

早くその時期が訪れることを願ってやみません。
スポンサーサイト
2005/06/28(Tue)21:28
自閉症comments(2)trackbacks(3)
<<MP3プレイヤー 買っちゃった♪ │ HOME │ 初めての作品♪>>
「この子より一日長く生きたい」という気持ちになった人は少なくないと思います。今の社会では障害者が自立して生活していくには不安が多すぎるのだと思います。
高齢者福祉もそうですが、まだまだ環境が整えられていませんよね。
一日も早く母親がこういう気持ちにならずに済むような社会になることを願います。
ゆーふさんへ
本当にそうですよね。
今の状況ではこういう風に考えてしまうのもやむなし。
ワタシだってすごく不安だもの…
この映画『マラソン』ではそういう問題も描かれていると思います。
韓国よりちょっとだけ先をいってるとはいえ、日本もまだまだですからね。
2005/06/30 07:23 │ はるっぺママ URL #6gk7F2tg[ 編集]
  管理者にだけ表示を許可する

http://haruppe.blog5.fc2.com/tb.php/105-df685d10
トラックバック
公式サイトいよいよ来週の土曜日から公開になるチョ・スンウ主演の「マラソン」。韓国で520万人が号泣したと言われる映画です。一足先に鑑賞しました。号泣こそしませんでしたが胸の熱くなるとてもいい映画でした。主演のチョ・スンウはいい味出しますね。前に出
あ!ネットサーファー │ 2005/07/02 08:34
トラックバック
観ました、マラソン以外!!お客さんがあまりいない・・・ガラガラでした(-_-;)内容は、主人公チョウォン(自閉症)はチョコパイとシマウマが好き、音楽を聴くとところかまわず踊りだしてしまう。そんな純真なチョウォンの表情は、走るときだけは楽しそうに輝き、や
我が家の自閉症アイドルまさる君 │ 2005/07/03 19:26
トラックバック
「マラソン」★★★★チョ・スンウ、キム・ミスク主演自閉症の青年が走ることで自己表現を勝ち取る完走したからって、そこにゴールがあるわけではない。自閉症が治るわけでもない。しかしこの爽やかさはどうだ。昨年末にソウルに行ったときは...
soramove │ 2005/07/04 00:07
 │ HOME │ 






フルーツショッピング「ベストセレクション」




ワタシはこんな人

はるっぺママ






みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ











おすすめブログ
お世話になってます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。