201709« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201711
サポートブック


発達障害児のための
サポートブックひな形
2010年より販売を終了
いたしました。
長らくのご愛好
ありがとうございました。


楽しい話いろいろ。
更新したよ♪
コメントありがとう
トラックバック
月別記事
興味深々。











管理人のその他のブログや情報ページ


発達障害児のためのサポートブック情報

サポートブックの情報の他、支援ツールや本、TV番組の情報もあります。

はじめの一歩
はるっぺママの地域の情報ブログです。

USJバリアフリーリポート
はるっぺママが実際に体験したリポートです。



 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:--
スポンサー広告│comments(-)│trackbacks(-)
 鳥肌が立ちました。
今日はお友達と映画に行きました。
見たのは『オペラ座の怪人』。

ここからは感想を述べたいのでネタばれ注意!!
これから映画を見る人でストーリーや内容を知りたくない人は読み進まないで下さい!
見てない人でも興味がある人はどうぞ♪




感想は…
ものすごく良かった!音楽の素晴らしさ、使われているCGの技術、衣装の華麗さ、そしてストーリー展開…どれをとっても120%の満足度!

始まって5分で映画の世界に引き込まれ、2時間30分ぐらいの長い映画だったのだけど、ぜんぜん時間の長さを感じさせません。

始まりの場面は"ファントム事件"が起きて使われなくなったオペラ座で何十年の月日を経て、かつて劇場で使われていた小道具や品物をオークションにかける…という場面。
その時、事件の中心人物と思しき男女のご老人が現れ、いわくありげなオルゴールをオークションで競り落とす。

そしてメインの品、事件で落ちたあのシャンデリア。
そのシャンデリアが姿を現したとき、事件に関わりのある老人の脳裏にその凄惨かつ、悲哀に満ちた出来事が昨日のことのように蘇って…

という始まり。その時、さび果てて朽ち果てる寸前の『オペラ座』がシャンデリアの姿が現れるとともにかつての劇場にタイムスリップしていくのですが、その様子に鳥肌が立ちました。
CG技術の使い方が素晴らしく、なにより見ている最中は『CG使ってるなぁ』なんて無粋な感想は抱かせないのですから。

もうその後は物語に夢中。
ミュージカル映画なので台詞の大半はオペラなのですが、歌の意味、主人公の感情、歌に魂が込められた素晴らしいものでした。
ダンスのシーンもたくさんあったのですが、これも素晴らしかった。個人的にダンスで気に入ってるのは『マスカレード』です。

ストーリーについてはこの物語自体有名なものなので、ここで詳しく書く必要はないと思いますが、ファントムの悲しい運命に泣きました。
自らを『暗闇の住人』と称しながら光の世界に対する憧れを隠し切れないで、その感情をもてあましている。
オペラ座の誰もがファントムを恐れ忌み嫌うのに、クリスティーヌだけはファントムの陰の部分に惹かれていく。
クリスティーヌ役の女性はまだ10代だというのに、その心模様が存分に演じ切れていて目を見張りました。

そして主役のファントム。
もう最高でした!影があり、なおかつセクシーな香りが漂う。愛の表現が屈折していて、あふれ出るクリスティーヌへの憧れをもてあましてしまう。
演技、歌、どれをとっても文句のつけようがない!
クリスティーヌは別の青年と結ばれるのですが、ワタシや一緒に見に行ったお友達は『何でファントムを選らばへんの~!』と思ってしまうほど素敵でした。

物語はところどころでプロローグで出てきた男女のご老人が出てくるのですが、正体をここでばらすと女性はクリスティーヌのオペラ座でのかつての親友兼仕事仲間。当然事件もそばで見ています。
そして男性の方はクリスティーヌと結ばれたラウル。
この男性はエピローグで登場、物語の最後を素晴らしい形で締めくくってくれます。そこにはあのオークションで競り落とした、いわくありげなオルゴールも登場。
最後の場面を詳しく書くのはやめましょう。

どうぞあなたも映画館で確かめてくださいな!

日経エンタテインメント!
発売日:2005/01
価格
あまなつ


スポンサーサイト
2005/03/10(Thu)23:03
メディアcomments(0)trackbacks(3)
<<いやぁ!!(気合) │ HOME │ 自分育ての時期。>>
  管理者にだけ表示を許可する

http://haruppe.blog5.fc2.com/tb.php/10-dc5094c7
トラックバック
今日は友達と映画「オペラ座の怪人」を観てきました。もともとミュージカル好きの私はミュージカルの世界で有名な作品の映像化を是非観てみたかったのです。感想は・・・すばらしい!観る価値あり!観ないと損!一緒に行った友達の一人は今日で観るのは2回目だそうです。ま
Bochi-Bochi │ 2005/03/11 10:54
トラックバック
レディスディということもあり、会社の同僚たちと帰りに『オペラ座の怪人』を観て来ました。やっぱり、例のテーマソングが流れゴージャスなシャンデリアが天井に吊り上げられると共に華やかなりしころのオペラ座が蘇るというシーンが圧巻です。オーバーチュアを聴くと、これ
優雅な閑人日記 │ 2005/03/11 12:58
トラックバック
公開から一ヶ月が経ちました。5週目に入っても依然として、観客動員数、トップを走っていますね。リピーターの存在が、たぶん大きいのではと思います。下記の記事をUPしたところ、多くの皆様からコメントをいただきました♪このエントリーだけでも、コメント・TBともに
distan日誌 │ 2005/03/12 15:19
 │ HOME │ 






フルーツショッピング「ベストセレクション」




ワタシはこんな人

はるっぺママ






みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ











おすすめブログ
お世話になってます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。