200804« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»200806
サポートブック


発達障害児のための
サポートブックひな形
2010年より販売を終了
いたしました。
長らくのご愛好
ありがとうございました。


楽しい話いろいろ。
更新したよ♪
コメントありがとう
トラックバック
月別記事
興味深々。











管理人のその他のブログや情報ページ


発達障害児のためのサポートブック情報

サポートブックの情報の他、支援ツールや本、TV番組の情報もあります。

はじめの一歩
はるっぺママの地域の情報ブログです。

USJバリアフリーリポート
はるっぺママが実際に体験したリポートです。



 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:--
スポンサー広告│comments(-)│trackbacks(-)
 NUCHI~ニライカナイからのメッセージ2008~
昨日、5月18日(日)、一心寺シアター舞台を観てきました。

今回の公演は出演者のおひとりである、「岡崎美知子」さんからご紹介いただいたものです。

実は彼女とは高校時代の同級生で、数年前に女優さんをしているとを知り、最近また連絡を取り合うようになってうれしく思っていたところでした。


本当に素晴らしい公演でした。
ルリとマナブという一見対照的な二人。
マナブは沖縄の歴史のことをある程度勉強していて、今回の沖縄訪問は勉強のため。
一方ルリは、勉強よりも沖縄の海で泳ぐことが目的で勉強そっちのけ。。。
でも、ワタシには二人はある意味”同じ”位置にいると思えたのです。

沖縄で起こった戦争の悲惨な出来事。
ルリは興味のなさから、それを”わかって”いません。
マナブは歴史研究会で勉強しているものの、
それは資料の上だけの理解であって”わかった”つもりだけのこと。
この”わかったつもり”というのが、ワタシには一番理解には程遠いと思えるのです。

タイムスリップ(夢の中で?)によって沖縄の現状を始めて目の当たりにした二人。
ワタシは立場的にも知識もルリに近い状態だと、お芝居を見ていくうちに気づいて、ものすごく感情移入していました。
今回、比較的客席から舞台が近い劇場で、しかも一番前で見ていましたから、役者さんの迫真の演技に引き込まれ、凄惨な場面には目を覆いそうになったほど。。。

沖縄の戦場がこんなにも悲惨なものだったとは!
映画やドラマで観てきたものとは全然違います。
怖くて怖くて、でもみんなに生き残ってほしくて。。。
祈るような気持ちで観ていました。

時枝が亡くなるシーンは一番泣けました。
岡崎さんが演じていたのですが、友人であることを忘れさせる演技でした。

そして観終わって思ったのは、この舞台をぜひもっとたくさんの人たちに観てほしい。
一番に観せたいのはまずはるっぺ&コウちゃんです。

はるっぺの6年生の時のエピソードを思い出しました。

教科書や学校の授業で歴史学ぶことは難しく、「ぜんぜん意味が分からない」と言っていたはるっぺ。
しかし小学校の時訪れた修学旅行で広島の原爆ドームや資料館、被爆者から体験談を聞き、「戦争は怖いよ。もう戦争は起こったらだめよ」と言ったのです。

これが本当の教育であり、理解だと思うのです。
頭で感じ取るのではなく、心で感じ取るものなのだと思うのです。

NUCHI~ニライカナイからのメッセージ2008~
この舞台にはその心で感じ取れるものがたくさんありました。
この出会いに感謝します。

出演者の方、スタッフの方一体となっておられたのも
感じ取れました。素敵でした。

今回、DVD化されると聞き、さっそく予約を入れました♪
もう1回観るのが楽しみです。
スポンサーサイト
2008/05/19(Mon)19:52
メディアcomments(8)trackbacks(0)
 大好きだから
ワタシは地元の『発達障害児の親の会の代表』という立場上、いろいろな話を聞きます。

最近気になってるのは、

子供の障害があるため、将来に希望が持てない保護者の方

実はあまりのその人数の多さに驚かされます。

以前から類似の相談を受けることがあったのですが、ここ数年だんだんとそのケースが増してくるような気がするのです。

何十年も昔と比べると、はるかに障害児を育てやすくなったと思える今の社会。
それなのになぜ、こんなにも将来に対し、悲観してる保護者が多いことか。

子供さんの障害の重度・軽度にかかわらず、です。

やはり今、助けてくれる公的機関が増えたとか、ハード面の援助も大事ですが、保護者の方の心の『育ち』が重要だと思うのです。


ワタシもはるっぺに障害があるとわかったとき、本当に不安でした。

「この子をどうやって育てていけばいいのだろう」

さらには

普通の子に治せないのか」

とまで、思ったことも。

でも、無我夢中で育てていくうち、はるっぺの笑顔や障害からくるユーモアなところが、とても愛おしく思えるようになったのです。

普通なんてどうでもよくなりました。

普通の子、ということ自体に関心が持てなくなったほどです。


このワタシの考え方は、はるっぺが通っていた療育園の影響が大きいと思います。

常に保護者に寄り添い、叱咤激励が繰り返されたところでした。
本気で子育てと向き合うことを教えてもらいました。

子供に障害があってもなくても、保護者が本気で子供と向き合い、周囲と向き合い、助け、助けられ。。。

このことで変わっていくのは子供ではなく、ワタシ達、なのです。
そうして親が変われて成長したとき、子供も成長していくのです。

このことをぜひ、保護者の方に分かってほしいのです。



はるっぺがこの世に障害を持ってうまれてきたのは、本人にとってはどうなのか。
もしかして普通の子に生まれたかったかも。

でも、やっぱり考えたって意味がありませんよね。

はるっぺは”はるっぺ”で、それ以外の何ものでもない、かけがえのない存在なのです。


悲しいことは きっと

この先にも いっぱいあるわ

My daling Stay gold

傷つくことも大事だから

大好きだから ずっと

なんにも 心配いらないわ

My daling Stay gold

無邪気に笑ってくださいな

いつまでも



HEART STATION / Stay Gold
HEART STATION / Stay Gold宇多田ヒカル

EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) 2008-02-20
売り上げランキング : 23669

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Prisoner Of Love(CD+DVD) HEART STATION Beautiful World / Kiss & Cry be with you. SAKURA~花霞~
2008/05/04(Sun)12:23
自閉症comments(0)trackbacks(0)
 │ HOME │ 






フルーツショッピング「ベストセレクション」




ワタシはこんな人

はるっぺママ






みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ











おすすめブログ
お世話になってます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。