200610« 123456789101112131415161718192021222324252627282930»200612
サポートブック


発達障害児のための
サポートブックひな形
2010年より販売を終了
いたしました。
長らくのご愛好
ありがとうございました。


楽しい話いろいろ。
更新したよ♪
コメントありがとう
トラックバック
月別記事
興味深々。











管理人のその他のブログや情報ページ


発達障害児のためのサポートブック情報

サポートブックの情報の他、支援ツールや本、TV番組の情報もあります。

はじめの一歩
はるっぺママの地域の情報ブログです。

USJバリアフリーリポート
はるっぺママが実際に体験したリポートです。



 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)--:--
スポンサー広告│comments(-)│trackbacks(-)
 オレンジ・マーマレード
はるっぺの進路も決まってホッと一息。

最近ちょっと自分の趣味から遠ざかっていたので、好きな事をしよう!


。。。というわけで、こないだオレンジ・マーマレードを作りました。

果実を使わず、純粋に皮のみのマーマレードです。

ワタシはマーマレードは市販のものはあまり好きになれず、オレンジをたくさんいただいたときに作る事にしています。

皮は一度湯でこぼすとワックスや余分な苦味が取れて、程よい味に仕上がります。


今度はスコーン用のレモンカードに挑戦したいです。

mamajam.jpg

スポンサーサイト
2006/11/28(Tue)19:35
手作りcomments(0)trackbacks(0)
 快挙です!
やりました!

とうとうやりました!!


今日、はるっぺが美容院で髪を切ったのですが、全部ハサミを使って切れたんです!


。。。事情が分からない方には『なんのこっちゃ?』ですよね(汗)

実は、はるっぺはハサミが耳の近くに来るのが怖くて(なぜか耳を切られると思っているようです)今までレザーでカットしてもらってたんです。
おまけにシャンプーもダメで、スプレーで濡らしてもらっています。

なので、どんなにうまく切っていただいても、癖毛があるのでぶわっと広がるし、髪を結うのもやりにくい時がありました。

そこで、美容院に事情を話して理解していただき、ずっとレザーでカット。慣れていたら前髪だけハサミで。。。と段階を踏んでいただいてました。

そして今日。

ハサミに挑戦しようという事になり、はるっぺには頑張ってもらったのですが、拍子抜けするくらいうまくいきました!

ずーとジッとして本当に偉かったです。

たぶん、いつ行っても手順を変えずにしてくださるし、カットの後は編みこみなどはるっぺが気持ちよく帰っていけるように工夫もしてくださってました。
美容院がはるっぺにとって『嫌なところ』だったのが、『楽しいところ』になったようです。

そうなると美容師さんとも信頼関係ができ、ハサミでしようといわれた時も案外すんなりと受け入れてくれたんだと思います。

諦めず、あせらず、ゆっくり。

このことを実行してきて本当に良かったです。


はるっぺに今日の感想を聞くと『大満足やわ!』とのこと。

少しずつですが成長している頼もしいはるっぺです。
2006/11/22(Wed)19:32
はるっぺの話comments(2)trackbacks(0)
 決めました。【パート2】
日をおいて、府立養護学校の体験入学。
当日、緊張感いっぱいのはるっぺ。それよりワタシとパパのほうが緊張していたかもしれません。

嬉しかったのは来る予定ではなかった小学校の特担が校長先生に頼んで、一緒に見学に来てくれたことです。
とても心強かったです。


養護学校では地域とは違って、見学よりも実際に【授業の体験】をさせてくれます。

はるっぺはまず国語のクラスに入らせてもらいました。

内容は虫食い問題のプリントに、先生のガイダンスを受けながら答えを埋めていくものでした。

はじめは緊張感もあってか、プリントに書こうとしなかったけど、養護学校の先生が声かけしてくださると、あとはスムーズにプリントに取り組めました。

ガイダンス役の先生も、冗談や日常に密着した事を交えながら教えてくださっていました。

国語の授業を終えたはるっぺの感想は。。。

『めっちゃ、簡単やった!全部分かったわ~』と大満足のようでした(笑)


次の授業に行く前にトイレタイム。
中学1年生のお姉ちゃんが、はるっぺの手を繋いでトイレまで連れて行ってくれました。
きちんと使い方を説明してくれたり、はるっぺが終わるまで中で待っていてくれたりと、とても優しい女の子。
養護学校での生活が身について自立できているのだなぁと感じました。


次は作業クラスに入らせてもらいました。
この時間は個人の能力に応じて手作業を通した自立活動に取り組むものです。

はるっぺは陶芸クラスを体験させてもらいました。

しかしここでワタシとパパは養護学校の先生と話し合いの時間に当てられていたので、小学校の特担にはるっぺのサポートをお任せし、話し合いの場にいきました。

入学に当たって心配な事、本人に身につけたい力、サポートブックのことなどなど。。。

いろいろとお話させてもらったのですが、どんなお話をしても、『大丈夫です、お母さん。それが我々の仕事です』と力強く言ってくださいました。

もちろん、家ですることは家で指導するのですが、社会性や自立訓練などは集団生活で身につけるものもあります。

そうやって"ど~んとお任せ!"的な先生方の様子にホッとしました。

一番、心強かったのがはるっぺのパニックの話になった時です。

今のところ、外で大きなパニックになった事はないと話すと、『それでは入学したらどんどん学校でイヤだと思う気持ちを出してもらいましょう。いったんどこでも出せるようになって、それから自分でコントロールできるようになるのが本当の自律です』とおっしゃった事です。

本当にそうだと思います。

ワタシが常日頃めざしているはるっぺの姿と、先生方のめざしているところが一致しているので、この時点でワタシとパパの気持ちは養護学校にしようと決まりました。


肝心なのははるっぺの気持ちです。

作業を終えたはるっぺを迎えにいくとめっちゃ笑顔!で、出迎えてくれました。

『すっごい楽しかった!粘土(陶芸用の)で星の形作ったねん!』と話してくれました。

特担のお話では、とても積極的に取り組んで楽しんで参加していたとのことでした。


帰りの車の中ではるっぺに『地域の学校と養護学校、どっちに行きたい?』と聞くと。。。


『養護学校に行く!』


これではるっぺの進路は決まりました。


将来、自立と自律に向けて、はるっぺの新しいスタートが4月から始まります。

進路が決まってホッとしました。気が抜けて寝坊したり、大事な約束に遅れたりと、ワタシの大チョンボもありましたが(爆)

はるっぺの笑顔がたくさんこれからも見れますように。

楽しい学校生活が待っていますように。。。
2006/11/18(Sat)21:43
自閉症comments(2)trackbacks(0)
 決めました。
4月にはるっぺが6年生になってから約半年。

ずっと悩んでた進路に決着がつきました。

来年4月からはるっぺは、地域の中学校ではなく府立の養護学校に行く事になりました。


1学期は免許を取ったりワタシの体調が悪くなったりと、充分に情報を集めきれず、2学期になってから慌しく行動開始。。。

でも、出来うる限りの情報を集めました。


その中の1つにそれぞれの中学校に体験入学に行くというものがありました。

まずは地域の中学校。
荒れていると、保護者の間では有名な学校。。。
ある程度覚悟して、体験に行きました。

たしかに。学校は荒れていました。

しかし、ワタシが想像していた荒れ方とはちょっと違っていました。
『荒れている』というのは生徒自身のことで、ワタシの時代にもあった"やんちゃな子"が多いだけなのかと思っていたのです。

でも実態は違いました。

『荒れている』のは先生だったのです。

まず、上履きではなく生徒が全員校内でサンダルを履いているということに疑問を感じ、案内役の中学の特級の担任になぜかを聞きました。

すると答えは。。。

『生徒が上履きのかかと部分を踏むので、サンダルに変えました』

はぁ?!

なんですか、その理由は!

サンダルで長時間過ごすなんて成長期の足に良いわけはないし、何より普通にきちんと上履きを履いていた子達までそっちに合わさなくてならないというが納得できません。
そして許せないのは、先生が上履きの履き方に注意をするのを諦めてしまった事。。。それでいいのでしょうか。


あと、美術の時間を見学させてもらったのですが、ここでも納得できないことが。

その日は彫刻刀を使う課題があったのですが、その彫刻刀を生徒が自分で管理していないのです。学校のものを全員が使っていました。
小学校で買った彫刻刀があるはずなのに。

そのことも特担に聞くと
『学校に持ちこむと危ないので。。。』と言いにくそうにおっしゃる。

そんなに危険な学校なの?!

いや、そうではないでしょう。これは不祥事が起きるのを未然に防いでるのだと思います。
つまり、子供に危険物の管理の仕方を教えるより、持ち込ませないほうが楽なので、そっちを選んでるのです。

こうなると一事が万事、その方針なのだと想像できてしまいます。

何年か前まではもっと生徒が荒れていたそうです。
授業の妨害、ボイコット、勝手な早退、校内暴力。。。
窓ガラスが一枚もない校舎もあったようです。

体験で見たのは、子供たちの暗い表情と、先生方の疲れきった顔。

こんな学校にはるっぺを行かせるわけにはいきません。

ただでさえ、勉強に無理が出てきているはるっぺなので、地域に行くなら社会性や自立を身につけたいと思っていたのですが、そんな事は望めそうにない。


そして今週、養護学校の体験入学へ。

その様子は明日、UPします。
2006/11/17(Fri)21:45
自閉症comments(0)trackbacks(0)
 日曜参観日
今日は子供たちの参観日でした。

まずはコウちゃんの教室へ。
点字を勉強したことの発表でした。
駅の券売機や運賃の点字を調べたり、実際に点字を書いたりしていました。
券売機の絵がすごく上手!

次は、はるっぺ。

こないだ行った修学旅行の感想を作文で発表。
とても大きな声で上手に読めていました。

体育館では作品の展示。

コウちゃんは、ステンドグラス風の小物入れ。柄がドラえもんでとてもかわいい♪

はるっぺは紙粘土作品。
自分がなわとびしているところです。
はるっぺらしくて、いい感じで~す

大好きな事を題材にしたので作るのが楽しめたようです。

今回も子供たちの嬉しい姿が見れた参観日でした♪


200611121945482
20061112194548

2006/11/12(Sun)19:45
ライフcomments(2)trackbacks(0)
 愛のもみじ饅頭
進学の話は小休止。
養護学校の体験入学は11/13なので。。。


10/31、11/1と、はるっぺの修学旅行でした。

行き先は広島。原爆ドームを見学し、宮島で1泊。
帰りはチボリ公園に寄ってくる、というものです。

行く前のはるっぺの宣言。

『もみじ饅頭を買う!』

『チボリ公園でジェットコースターに乗る!』

おいおい。。。大丈夫か(汗)

もみじ饅頭は大好物で、お土産で買うとしていいんだけど、問題はジェットコースター。
近隣の遊園地で『乗ってみる?』と誘っても絶対に乗らないのに。

まぁ、現物を見て怖くなったらやめるだろうと思い、はるっぺの意思に任せることにしました。

結果は。。。

なんと、お友達、特担と一緒に乗ったそうです!乗った後は笑顔だったとお友達も言ってました(笑)
友達が一緒だと、何でもできるのか!?『友達パワー』恐るべし。

それに加えて、お化け屋敷にもはいったらしい!
しかしこれは途中で『こんな所、入らなかったら良かったわ!途中でやめられへんし!』と怒り出したそうです(笑)

ワタシもお化け屋敷、苦手です。。。


そして、元気に帰宅。

お土産は。。。もちろんもみじ饅頭!
昨日、家族でいただきました。
『はるっぺ、ありがとう!めっちゃおいしいわ~』と、
みんなで感謝。はるっぺも満足そう。

お土産は家族1つずつ他にもありました。

コウちゃんにはキレイな青い勾玉のついたストラップ。

パパには宮島の鳥居のストラップ。

ワタシには、幸運の四葉のクローバーのストラップ。
sutorappu.jpg


いまでも充分幸せなのに、はるっぺはさらにワタシを幸せ者にする気らしい(笑)

とっても嬉しいお土産でした。

あ、はるっぺの自分のお土産。

黄色の勾玉ストラップ、黄色の勾玉キーホルダー、EBの中村君のボールペンでした。

勾玉ブームのはるっぺです(爆)
2006/11/02(Thu)14:22
はるっぺの話comments(2)trackbacks(0)
 │ HOME │ 






フルーツショッピング「ベストセレクション」




ワタシはこんな人

はるっぺママ






みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ











おすすめブログ
お世話になってます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。